社長挨拶

『豊かな社会と人に優しい環境づくり』に貢献する企業に

あかりの歴史は約60年ごとに大きな変化がありました。1879年にエジソンが白熱電球を発明されてから、その後1937年にゼネラル・エレクトリックが蛍光灯の実用化し、1996年に白色LEDが開発されました。
当社は、1940年には日本で始めて蛍光灯が実用販売された直後の1946年(昭和21年)に神田須田町に東和産業として蛍光灯器具の製造販売を目的に創立しました。
照明器具の製造販売を目的で開業した商いが、現在に至るまで、照明総合の専門ディーラーとしての実績とノウハウを深め、製造・販売・納入に至るまで総合商社としてお客様に充分なご満足をいただけるように、サービスを提供して参りました。
これからの社会は、より良い環境と住みやすい社会を兼ね備えた建築設備を提供できる企業でありたいと思います。
あかりの技術進歩は躍進しつづけ、LED照明から有機ELと、照明形態は常に変革してゆく過程で次世代照明を取り扱う、専門企業として、『人に優しい環境と未来のあかりの追求』に貢献とチャレンジする企業として活躍したいと考えます。
【大手町丸の内エリアは、現在はファッション、ショッピングエリアとしての機能を備えた国際ビジネス街となり、当社も新しい時代の環境建築の一環として、丸の内ビル・新丸の内ビル・大手町ビル・大手町ハークビルディング・JPタワー・みずほ銀行等の最新設備を備えたLED照明を納入させて頂きました。】

2018年7月
東和ライティング株式会社
代表取締役 近藤 智義

PAGE TOP